So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CP+ others [Camera]

最後にカメラ・レンズ以外で気になったものをちょっとだけ.


焦点工房ブースからマウントアダプターLM-EA7.すでに発売済みのようですが,実際手にするのははじめて.SONY αボディに装着し,アダプター自体が伸び縮みしてピントを合わせる.そうマニュアルレンズがAFレンズとなる.昔のCONTAXのカメラ・AXのようだ,といってもAXをしらない人が多いかな.

レンズマウントはLeica Mマウントなので,さらにMマウント変換のマウントアダプターを付ければCanon FD,Nikon,OLYMPUS OM,KマウントなどのオールドレンズがAFレンズとして使える.

デモではα9が付けてあった.早速AFを試すと結構早いぞ.普段の撮影では十分かな.これ欲しい!


ルミカでは物干し竿,いやいや撮影用ロングロッドの横にグレーのケーブルが展示.個人的には結構注目.水中では電波は伝わらない.水中カメラをBluetoothで遠隔操作はできない.そこでこのケーブルの出番.ケーブルの一方を水中カメラやハウジングの外側に密着固定する.もう一方は水上でスマホにつなげ遠隔操作ができる.Wireless Line.ネーミングはまあパットしませんが,即購入です.


フィルターメーカーも色々頑張っていますね.

fil2.jpg

KenkoZX C-PLのデモには注目.すでに発売済み.PLフィルター買い換えようかな.

同じくKenkoのハーフプロソフトンも面白そう.星野写真用なのは確か.それだけ星野写真が流行っているということか.

マルミ光学ではEXUSシリーズの撥水,防汚のデモがあった.その横に角形フィルターのホルダーの展示.マグネットで脱着するようなことをいっていた.ちょっと面白そう.(他のお客さんの横で聞いていたので詳細はわかりません.)

NiSiは中華メーカー.実はOLYMPUSの7-14mm F2.8 PRO用のフィルターホルダー購入済み.まだ実践で使ってないのですが(笑)そのホルダー用に150mm幅のソフトフィルターは作らないのと聞いたら,他のユーザーからも要望があり社長には話してありますとのこと.実現しそうな感じ.

STC Optical Filterは台湾のメーカーのようだ.光害低減フィルターなど出していたが,面白いのはボディのセンサー前面に装着するフィルターClip Filter.Canon,NikonやSONY用などあった.OLYMPUS用もあったが,やはり小さなボディに装着するのは難しそう.

fil.jpg

女性スタッフが装着しようとするのですが上手くできず.ついには力任せで「できました」と.フィルターは皮脂だらけ,よく見ると片側が浮いているし,おいおい大丈夫か?指摘するとさらに力任せで押さえ込み.結局詳しいスタッフが不在でよく解らないと.仕方なく他ブースをまわって戻ってくると,担当者も戻ってきていた.早速装着してももらう.やはりOLYMPUSの場合コツがいるようだ.フィルターはやはり皮脂がべったり.ササッとクリーナーで拭き取り出来上がりとドヤ顔されても….取り外しもちょっと大変そうだった.

ただギミック的には良さそう.これでソフトフィルターがあれば,出目金レンズでの星野写真に便利そうだ.

Manfrottoもフィルターを販売しているがフィルターアクセサリーとしてXUMEを展示.マグネットで簡単に脱着できるというもの.皆既日食の撮影時にこれがあれば便利そう.次の日食は….ただ精度的にレンズ面と水平が保たれる不安もあるが,スタッフからは日本製で某有名メーカー製造なので心配ないと.なおこのシステムにはマグネット装着できるレンズキャップもあるのだが,なぜか77mmのものだけ.他のサイズも作ってくれるようにおねだりしておいた.

Mindviewは台湾のフィルターメーカー.PLとNDが一緒になったフィルターCND(CPL+Variable ND Filter)を展示していた.マルミ光学にも同じような製品があったが,こちらはNDのレベルをND2からND32まで変えられる.PLフィルターと可変式NDフィルターを組み合わせたもの.仕組みとか聞いたのだが,通訳を介してなので結局よく解らず.あと透過率やコーティングはどうなのだろう.気になる一品.現在代理店募集中.国内販売はまだ先になりそうだ.


三脚関連では大手メーカーで琴線に触れるような物はなかった.中華メーカーが数社出店していたが,その一つ,LeofotoがCP+初登場.センターポールのない三脚があった.Ranger Series.ちなみにREALLY RIGHT STUFFが同じような三脚を出している.もしや中華メーカーだけにパクリですか?そういえば見た目も似ている?それは置いといてRRSのTFC-14を持っているが,結構コンパクトで軽量.もともとセンターポールは使わない主義なので今お気に入りの三脚.(ただこの三脚は銀一では扱いがない.ネットでRRSから直接購入した)Leofotoの三脚は後発だけにさらにレベラー付きのものをラインナップ.これはいいぞ.TFC-14よりワンサイズ大きいものが欲しかった.購入検討中.

tri.jpg


今欲しいものは普段使いのカメラバッグ.個人的感想だが今年はカメラバッグについては不作だった.面白いものはなかった.

テイクではf-stopを展示,今お気に入りのバッグ.すでにAJNAとSUKHA購入.今回URBANシリーズは販売開始.ん〜ちょっと違うな.

fst.jpg

銀一扱いのCRUMPLERはドイツデザインの商品に変更された.もともとオーストラリア創業のメーカーだったと思うがどういった事情なのかな.こちらのニューデザインも,ん〜かな.

bag.jpg


今回も多くの中華メーカーが参加していましたが,スタッフはスマホに夢中.さらにMEIKEというブランドのブースでは最終日の午後3時頃には片付けはじめていた.なんだかな〜.主催者側で少し指導してもられないのかな.

タグ:CP+
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。