So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

MC-20の試写 [Camera]

OLYMPUSの2倍のテレコンバーターMC-20の簡単な試写.

MZD300PROとMZD40-150PROのマウントにある電子接点はカメラ側より2つ多い. MC-14のレンズ側マウントには1つ多い.結局もう1つの接点があまることになる.2倍テレコン用ということはすぐ想像できる.しかしMC-20がでるまで結構時間がかかった.技術的な問題なのか,画質の問題なのか.でも時間をかけただけいいものができただろう.期待が高くなる.

個人的にはMZD40-150PROに付けて使うつもりだ.300mm(FF換算600mm)となる.MZD300PROもあるが,少しでも軽量・コンパクトにしたい.それとズームは便利だ.できれば100-300(400)mmのズームが欲しいところだが,来年出るであろう150-400mmは大きく手持ちは無理そうだ.Pana-LEICA Vario-Elmar 100-400mmはOLYMPUSとの相性がちょっと不安.(さらに買い足すのも金がないし…)

そこでMZD40-150PROにMC-20の組み合わせ.まずはAF.十分早い.迷いもそれほど多くない.C-AFでの追尾についてはこんなものかなといった感じ.もともとOLYMPUSの追尾AFはCやNの一眼レフ機と比較するといまいち.すぐバックに引っ張られてしまう.MZD300PRO単体よりかはちょっと反応が落ちるか.

画質はどうだろう.まずはちょっと遠目のカルガモの写真.55.jpg

MZD40-150PRO+MC-2044.jpg

MZD300PRO66.jpg

中心部を拡大してみると,MZD300PROの方が明らかにシャープだ.MZD40-150PRO+MC-20ではややにじみで靄っといた感じ,シャープさもMZD300PROと比較すると弱い.ズームレンズに2倍テレコンではこんなものかな.

近くでカルガモが蟹を食べているようだ.

MZD40-150PRO+MC-2012.jpg

MZD300PRO11.jpg

MZD40-150PRO+MC-2022.jpg

MZD300PRO23.jpg

やはりMZD300PROはシャープで,MZD40-150PRO+MC-20はややぼんやり.

拡大してみると解像感の違いが分かるが,等倍までなら気になるほどではない.大きく拡大トリミングしない限り十分かな.

ちなみにすべて開放絞り(MZD300PRO:F4.0,MZD40-150PRO+MC-20:F5.6),手持ち撮影です.

手ぶれ補正は断然MZD300PROが上.MZD40-150PROもレンズ内手ぶれ補正機構を内蔵した後継機が出ないかな〜

さらにMZD300PROにMC-20を装着してFF換算1200mm.77.jpg

99.jpg

単体と比較すると,やはりちょっと解像感は落ちますが,十分シャープです.

同じ所からMZD40-150PRO+MC-20で撮ると88.jpg

今回はちゃんとした比較試写ではなく,手持ち撮影で御気楽撮影であった.手ぶれの影響もあるかもしれない.機会があればちゃんと三脚に据え撮影してみようかとおもうが,望遠2本持ち出すのは面倒なのでたぶんやらないでしょう.ご勘弁を.

コメント(1) 

東京港野鳥公園 2019.7.30 [Birdwatching, etc]

やっと梅雨明けでやっと鳥見にお出かけ.今回はOLYMPUSのテレコンのテストかね,近場で.

鳥の方はカラシラサギも抜けたそうで,特に珍しいものもいなかった.

コサギと蟹03.jpg

コアジサシが飛び込んでいましたが,なかなか追いつかずフレームアウトばかり04.jpg

相変わらずカワウが多い07.jpg

こちらは羽根がボロボロです08.jpg

他はカルガモ,アオサギぐらいかな09.jpg

おまけ

チョウトンボ01.jpg

シオカラトンボ02.jpg

ギンヤンマ05.jpg

機材 E-M1mkII MZD40-150PRO MC-20

コメント(0) 

最近の物欲 [Camera]

梅雨空が続きます.どうも天気が悪いと腰が重くなります.

挙げる写真もないので,久しぶりに物欲ネタ.

その前に以前の物欲ネタから最近購入したもの.まずはRICOH GR III.とっても気に入ってますが,いまだに28mmの画角に苦戦しています.でも持っていて何故か嬉しくなるカメラ.

待ちに待ったOLYMPUS MZD 2×Teleconverter MC-20.FF換算1200mmで手持ち撮影もできそうな感じ.まだ実写していないので,おいおい.ただ基本的にはMZD40-150PROに付けて使うつもり.梅雨が明けたら山にでも持っていこうかな.

ヨドバシのポイント還元アップにまんまと乗せられてSONYα7IIIを購入.初代α7から乗り換えです.やはり手ぶれ補正はありがたい.こちらも本格的な実写はまだなので,おいおい.

さて,次に購入は….

1.jpg

11日にSIGMAからフルサイズミレーレスfpの発表.これは意外でした.第一印象は兎に角小さい.キャッチフレーズは『ポケッタブル・フルフレーム』.もう即購入リスト入り….待てよ,よく見るとベイヤーセンサー.やはりSIGMAといえばFoveonセンサー,FoveonだからSIGMAカメラの価値があるのです.流石にFoveonのフルサイズは技術的に大変なのか,サイズをクリアーしても特殊なセンサー故に操作性等の犠牲が大きすぎると判断したのだろうか.ただ2020年にはFoveonセンサーのフルフレームミラーレスが出るような….

2.jpg

センサーは残念だが,無理せずベイヤーセンサーを採用したお陰で,きびきび動く通常のカメラとなるだろう.ただそれでは他社との差別化を図ることができない.そこでこのコンパクトさを売りにしたとのことだろう.一見PanasonicのGMシリーズを思い出す.35mmレンズ一本付けてスナップに持ち出すのに良さそうだ.

気になる点は(現時点での情報では)①シャッターは電子式のみ,ローリングシャッター歪みはどの程度だろう.

②手ぶれ補正は搭載されないようだ.いまは手ぶれ補正が当たり前.使う側も当然搭載されているものとして撮影している.(最近脇が甘いです)

③上部の操作ダイヤルが一つしかない.絞り優先での撮影が多いが,絞りと露出補正とダイヤルは2つ欲しい.同時発表のレンズには絞りリングが付いていることから,SIGMAとしては絞りはレンズ側で操作することを考えているのだろう.(ただ14-24mmレンズには絞りリングはない.)

3.jpg

それでもこのコンパクトさ.物欲がブツブツ始めた.値段次第では?いや,ここはこらえて来年出るであろうFoveonセンサー搭載のフルサイズミラーレスを待とう.


タグ:SIGMA
コメント(2) 

湘南 2019.6.4 [Birdwatching, etc]

昨日に続き猛禽類.こちらのハヤブサは無事巣立ったようです.

ポイントに到着は9時過ぎ.崖上のいつもの木にいました.遠い.NY722101.JPG

なかなか飛んでくれません.昼近くに水飲みに下りてきました.NY722165.JPG

その他,イソヒヨドリ,ハクセキレイ,トビぐらい.NY722119.JPG

NY722202.JPG

正午近くが干潮のピーク,2時ぐらいまで粘ろうかと思ったが……腹減った〜!朝食べていなかった.昼過ぎに撤収して生しらす丼!

機材 EOS7DmkII EF100-400L II EXTENDER EF1.4×III(ハヤブサのみ)

コメント(4) 

杉並 2019.6.3 [Birdwatching, etc]

天気予報は雨と思ったら,曇に変わっていて,朝起きたら青空が顔を出していた.雨なら家の掃除と予定していたが,急遽近場へ.

場所はあそこ,目的の鳥はあいつです.順調です.

タグ:東京その他
コメント(0) 
前の5件 | -