So-net無料ブログ作成
検索選択

雑記:SIGMAの新レンズ [Camera]

恒例?のCP+直前の新製品発表.それにしてもSIGMAは元気ですね.次から次と魅力的な製品を出してきます.山木社長の頭の中は弾切れがありません.逆にこんなに矢継ぎ早に新製品を出して経営的には大丈夫なのだろうかと心配になってしまう.もちろんユーザーとしては嬉しいのですが…

feature01_main_img-1.jpg
超広角の14mm F1.8 DG HSM Art.F1.8とは今までにないスペックだ.他社にないものにこだわる?SIGMAらしいレンズとも言える.星景写真を撮る方にとっては垂涎の的になるだろう.

ライバルはCanon EF14mm F2.8L II USM,Nikon 14mm f2.8D ED,COSINA/ZEISS Milvus 2.8/15,さらにirix 15mm f2.4がある.しかしF1.8は飛び抜けた感じだ.

一番気になるのが重量.Canon645g < Nikon670g < irix685〜581g < ZEISS780〜830g < SIGMA1170gと飛び抜けている.(irixとMilvusは外装タイプの違いやCanon/Nikonマウントの違いで重量が違ってくる)やはりというかSIGMAは1kg越え.最近のSIGMAは1kg越えが当たり前?どんなに高画質でも気軽に持ち歩けなくては宝の持ち腐れになりかねない.もうちょっとそこんところを考えて欲しいな.

最短撮影距離はCanon0.2m=Nikon0.2m < Milvus0.25m < SIGMA0.27m < irix0.28mでCanon,Nikonがやや頑張っている.

他にCanon,Nikon,SIGMAはAF,ZEISS,irixはMF.このクラスのレンズの使用シチュエーションを考えるとMFでも十分,AF/MFの違いは気にならないと.Milvusとirixはフロントフィルターが装着できる.ともにフィルター径は95mm,CanonとNikonは後部挟み込みタイプ.SIGMAは?どうもフィルターは付けられないようだ.

一番重要な画質については今後試写レビューが出てくるだろう.楽しみだ.単純にMTFを見比べると,さすが新レンズ,SIGMAは期待できそうだ.(irixのHPにあるMTFの見方はよくわからない)

CanonとNikonはさすがに発売から10年以上経過しており,厳しいものがある.SIGMAに触発されてリニューアルもあるかも.価格も高めにリニューアル?

むしろNikonについてはAF-S Nikkor 14-24mm f2.8G EDが対抗馬になるかもしれない.重量は気持ち軽めの970g,14mmでのMTFはズームであるにもかかわらず単焦点のSIGMAに引けをとらない.さすが神レンズを言われるだけある.

個人的に最も重要なのがお値段.Milvus¥287800 > Caono¥272370 > Nikon¥222730 > irix¥112200〜138800(ヨドバシ価格,irixのみAmazon価格.2/22時点),Nikon 14-24mmズームは¥237660.さてSIGMAはいくらになるのでしょう?まあ買う予定はないのですが,それにしても思わずフゥ〜と思わずため息.

ところでirixは11mmレンズを開発している.CanonもEF11-24mm F4Lがある.山木社長の頭の中の次のレンズは?11mmF2.8とかでしょうか?いや10mmでしょうか?

次は135mm F1.8 DG HSM Art.スタイルは評判のいい85mm F1.4 Artにそっくり.重量も1130gとそっくり.
ライバルはCanon EF135mm F2L USMとCOSINA/ZEISS Milvus 2/135.ここでもSIGMAだけちょっと明るいF1.8.何が何でもF2は嫌だったのでしょうね.

重量はCanon 750g < Milvus 958〜1015g < SIGMA 1170g.やはりSIGMAは1kg越え.どうにかして欲しいな.
最短撮影距離Milvus 80cm < SIGMA 87.5cm < Canon 90cm.こんなものかなとは思うがMilvusの80cmを見るとSIGMAさんもうちょっと頑張れと言いたくなる.
フィルター径Canon 72mm < Milvus 77mm < SIGMA 82mm.F値が違うから仕方ないか.

画質ではMTFを見る限り,やはり新レンズのSIGMAは凄い.Canonはもう随分古いレンズなので比較するのはかわいそうかな.

さてお値段はCanon ¥106240,Milvus ¥231800.SIGMAは¥120000-130000程度でしょうか?

それにしても2本とも重いの一言.古いレンズとはいえ純正レンズは意外に軽い.SIGMAのArtシリーズが成功すれば純正レンズも大きく重いレンズにリニューアルしないか心配なところもある.

feature01_main_img.jpg
一番気になるのが100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary.今使っているCanon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの代わりになるだろうか.

重量は1160gとCanon純正1570gと比べ410g軽い.大きさは182.3mmあり,Canon純正とあまり変わらない.携帯時もうちょっと小さくなるかと期待したが….

最短撮影距離は1.6mでCanon純正の0.98mにはかなわない.残念.
テレコンバーターに対応しているが1.4倍のものを使用したときもMFになってしまう.F値からは無理もないのだが….

気になるのが三脚座のない点.軽量だから手持ち撮影オンリーなのだろうか.でも400mmなら,ましてやテレコンバーターを使用時などを考えると,このクラスのレンズにも三脚座は必要を思うが….

MTFは結構いい感じ.明るささえ気にしなければCanonの100-400mmやNikonのを喰っちゃいそう.あとはお値段と実写のレビュー待ち.でも….

純正を超える飛び抜けたものも感じないし,純正レンズからの買い換えにはならないかな.値段次第では買い増しでちょっと使ってみたいが….

金が続かない!!!

feature01_main_img-3.jpg
最後は標準ズーム.24-70mm F2.8 DG OS HSM Art.SIGMAのF2.8標準ズームは過去に2本使ってきた.あまりいい印象はない.悪い印象もない.純正が高いからSIGMAを使っていただけ.でも最近のSIGMAなら,それもArtシリーズなら期待できそう.

しかしスナップはm4/3にシステムを移行しつつある.今更フルサイズでレンズを揃えるつもりもなく,興味は半減.ただ今後CanonがフルサイズのEFマウントのミラーレスカメラを出したら,またフルサイズのレンズを揃えるときがくるかもしれない.その際は標準ズームとして選択肢の一つになるだろう.でも純正がいいかな….

タグ:SIGMA
コメント(5) 

井頭公園 2017.2.21 [Birdwatching, etc]

ミヤマホオジロのリベンジ.
宇都宮到着時,晴れの天気予報であったがどんより曇りで白いものがひらひら.風も強く寒い.今更引き返すわけにもいかず,公園へ.最寄りバス停から公園まで徒歩30分,寒かった〜.
昼前から青空が徐々に広がった.しかし風はおさまる気配がない.

まずは池を見渡すが今日はミコアイサがいない.最近のポカポカ陽気で北帰行が始まったか?
カモはマガモ,コガモ,ヒドリガモ,ヨシガモ,オナガガモは前回と同じ.少し数は減ったかな.カモ以外ではカワウが目立つ.
07.jpg
カワウ

林の方では前回と同じメンバー.
01.jpg
ルリビタキ

02.jpg
ビンズイ

05.jpg
シロハラ

06.jpg
コゲラ

10.jpg
アオジ

04.jpg
トラツグミ

03.jpg
ハシボソガラス

他にカケスやミソサザイ.この間の横浜の公園に続き,思わぬところでミソサザイにあった.しかし目的のミヤマホオジロやベニマシコは見られず.前回見かけた茂みはちょっと刈り込まれていた?ようだ.今年はもうおしまいかな.また来年リベンジ.

わざわざ遠出した割りにはお目当てに会えず,他の写真もなんだかな〜.

撮影機種 E-M1mkII MZD300PRO

コメント(0) 

横須賀(浦賀〜鴨居〜観音崎〜走水〜馬堀海岸) 2017.2.15 [Birdwatching, etc]

観音崎へ.初めての地.ほとんど情報もないままブラブラと鳥見することにした.京急で浦賀駅に向い,そこから徒歩.

浦賀港の奥はドックがあり,塀で覆われ海面が見えない.しばらく歩くと塀が途切れる.最初に目に入ってきたのはオオハム.ちょっと距離がある.
02.jpg
オオハム

それにしても鳥が少ない.今日は天候も穏やかで外海にいるのだろうか.ちょっと不安になってきた.次の鴨居漁港ではウミアイサ,ウミウ,イソヒヨドリ,ヒドリガモ,オオバン.
05.jpg
イソヒヨドリ♂

04.jpg
イソヒヨドリ♀

03.jpg
ウミウ

観音崎では沖にヒメウ,走水でも同じメンバー.
走水ではオオセグロカモメがいたが,1羽この時期にしてはやたら頭が白い奴がいた.他種なのかな?未だにカモメの識別は自信がない.
09.jpg
オオセグロカモメ

01.jpg
ヒメウ(2羽ウミウが混ざってます)

馬堀海岸では遠くにアカエリカイツブリを発見
07.jpg

最後はイソシギ
06.jpg

ほとんどお散歩の一日でした.

機材 E-M1mkII MZD300PRO+1.4×Teleconberter

コメント(8) 

生田緑地 2017.2.14 [Birdwatching, etc]

午後からちょこっと鳥見.天気予報では徐々に下り坂.近場へ.
収穫はいつものメンバー.

最初にお出迎えは…藪の中でゴソゴソ.シロハラかなと思ったが,しばらく様子を見ていたら藪の隙間から黒い小鳥がチラ見.
07.jpg
クロジでした.写真はこの一枚.ピントも甘いし,ちょいブレだし,斜め後ろ向きの証拠写真.

上を見上げると…
08.jpg
シメ.

小池ではカワセミ.
06.jpg

林の中にアオゲラ発見.
02.jpg

目の前に飛んできたが樹の裏側へ.
01.jpg

最後はアオジ.
03.jpg

機種:E-M1mkII MZD300PRO

コメント(0) 

井頭公園 2017.1.31 [Birdwatching, etc]

今日はちょっと遠出.久しぶりに井頭公園へ.
宇都宮からバスで公園近くのバス停へ,そこから歩いて向かう.結構時間がかかった.到着は10時過ぎ.鳥も朝の活動から一段落といった感じ.静かだ.

一番の目的はミヤマホオジロ.数年前来たとき観察したポイントに向かうが鳥さえいない.(そういえば以前は誰かが餌付けをしていた.だから簡単に見ることができたわけだ.)

仕方なく池の神子にご挨拶.神様に願いが通じたのか,最後にミヤマホオジロがお出まし.でも写真は証拠写真程度.でも今年も来ていることが分かった.2月にリベンジしよう.

07.jpg
シジュウカラ

06.jpg
シメ

05.jpg
ジョウビタキ

04.jpg
ビンズイ

03.jpg
ベニマシコ

02.jpg
ミコアイサ(ちょっと遠いな)

01.jpg
ミヤマホオジロ(こんな写真しか撮れませんでした)

機材:E-M1mkII MZD300PRO

コメント(4) 

手賀沼 2017.1.29 [Birdwatching, etc]

朝,思いっきり空振り.アネハヅルを求めてつくばみらい市まで行ったが,もういない.
地元農家さんによると水曜日までいたが木曜日以降現れないそうだ.最初は11月頃から見られるようになり,はじめは大きな鳥がいるなって思っていたら,1月にアネハヅルと判明し,それからは連日カメラマンが来るようになったと.

仕方なく水海道駅から帰路へ.取手経由で常磐線に乗り換えて…,そうだ我孫子で途中下車!手賀沼へGO!
手賀沼ははじめて,情報もなく,時間もすでに昼.そそくさと昼食をすませ,沼を1周することとした.

手賀沼公園からスタート.沼北側の遊歩道は工事中.ところどころ迂回路あり.
途中の公園では突然コサギが交尾を…?
1.jpg

ちょっと違うみたい.思いっきり喉に噛みつき.
2.jpg

下のコサギの反撃です.
3.jpg

上も応戦で,お互い噛みつきあい.下のコサギの目が痛そう.
4.jpg
このバトル続きそうなので,1周ウォーキングに戻る.

スズメ.
03.jpg

沼南側は時間がないので早足で見て回ったが,ゆっくり時間をかけて見てまわれば葦原の鳥たちなど結構面白そう.順光になるし,撮影向き.
ただ歩行コースとサイクリングコースに分かれており,内側(水辺に近い側)はサイクリングコースになっている.自転車と接触しないように注意して鳥見.

オオジュリン.
01.jpg

こっちはホオジロ.
02.jpg

カワセミは逆光なのでシルエット気味にしてみました.
05.jpg

柏ふるさと公園近くまで来たところで,時間は16時.雲も出てきて薄暗い.撮影も厳しい.1周はあきらめ北柏駅から帰宅することとした.手賀沼,約6/7周ぐらいかな.ほぼ1周と言うことでご勘弁を.

機材 EOS7DmkII EF100-400L II

コメント(2) 

物欲に負けて 〜ちょびっとE-M1mkIIレビュー〜 [Camera]

実は今年に入ってすぐOLYMPUS E-M1mkIIを購入した.
本当は春ぐらいまで様子見.価格が落ちてきてから購入するつもりであった.しかし発売後にネットでレビューが色々出てくると予想以上の高評価.物欲MAX.

いざ購入となると問題は先立つもの.ヨドバシで23.5万円.ポイント還元分を考慮すると21万円.ちょっと躊躇する額であったが,きましたキャッシュバックキャンペーン!最大5万円.これならと購入に踏み切った.

まず外観は大きく変わっていないが,細かな変更がある.①アクセサリーポートが廃止され,ペンタ部分のデザインがすっきりした.②グリップの大型化.初代ではグリップが浅く指の先が当たったが,mkIIではそんなことはない.非常にグリップ感が良くなった.③発売前から話題にもなっていたストラップ取り付け部.とっても変なところにある.ストラップを付けた状態では初代はシャッターボタン横のファンクションボタンが押しづらかったが,mkIIでは俄然押しやすい.これは予想以上に嬉しい変更点だ

機能的には,なんといってもAFが早い.初代と比べ明らかに早い.迷うことも少ない.EOS7DmkIIのAF性能に近づいたかもしれませ.ただ超えてはいないでしょう.EOS7DmkII ≧ E-M1mkII ≫ E-M1でしょうか.まあこれで鳥の撮影にもストレスがなくなるでしょう.

しかし帰宅してPCモニターで拡大確認すると微妙にピントがずれている写真がある.精度はまだまだのようだ.ただ動体でもないのに何故こんな被写体でピンボケになるのかなといったものもあり,もしかして個体によるものか,バグなのか.不安もあるが,少し様子を見ていこう.

画質についてはDXO Markにもスコアが掲載されたが,予想以上の高得点であった.もっともDXO Markのスコアが絶対的な評価ではないし参考までに考えたほうがいい.それでもm4/3では最高値,7DmkIIとの比較でも10ポイントの差をつけての高得点は立派だ.
実写で見ると画質はまあまあかな.この点は7DmkIIと甲乙付けがたいといっても過言ではないだろう.ただDXO Markのスコア差は見いだせなかったし,まだまだ7DmkIIの方が上のように感じた.まだ撮影枚数も少なく,徐々にその実力が見えてくるかもしれない.楽しみにしよう.

タグ:OLYMPUS E-M1mkII
コメント(6) 

神奈川県立四季の森公園 2017.1.23 [Birdwatching, etc]

今日は風が強い.海側は避け近場で少しでも風の弱いところへ.GPV気象予報でみると横浜の内陸側がよさそうだ.特に情報もないが,以前一度行った神奈川県立四季の森公園へ向かう.

世田谷の自宅を出たときは結構風が強かったが,現地はそれほど強くなく正解であった.しかし鳥の方はさっぱり.園内一周するが,地面でごそごそはキジバト,時々カラの群れが通過するぐらい.

かわいそうな鳥見人と思ったのかコゲラが遊んでくれた.
04.jpg

園内の小さなせせらぎで黒い鳥が.やっとめぼしいものか?しかし写真は一瞬で後ろ向き.証拠写真程度だが,それでもミソサザイと確認.こんなところで出会えるとは思っていなかっただけに,ちょっと嬉しい.
01.jpg

池ではカワセミ狙いと思われる鳥見人が頑張っていた.対岸にはコサギ.
03.jpg

最後にジョウビタキが見送ってくれた.
02.jpg

それにしても鳥がいない.時間帯のせいなのか,強風のせいなのか.前回も収穫いまいちだった.鳥見人も少ないし(平日のせいかな),ここは鳥見にはあんまり人気がないのかな.

機材 E-M1mkII MZD300PRO

コメント(8) 

武蔵野公園 2017.1.17 [Birdwatching, etc]

ネットではほころびはじめたロウバイをバックにしたオジロビタキの写真をよく見かけるようになった.まだまだ鳥見人は多いのかなとは思ったが,覗いてみることにした.

到着時すでにロウバイ前に一列に並んだレンズ.まだまだ人気者のようです.バッグからカメラを出すと,すぐに人気者の登場です.

005.jpg

003.jpg

002.jpg

ときどき後ろに回り込まれます.ちょっと逆光気味
001.jpg

きっと他の鳥見人も同じような写真ばかりなんだろうなと思うと,急にやる気がなくなります.早めに退散.

機材 E-M1mkII MZD300PRO

コメント(8) 

舞岡公園 20017.1.4 [Birdwatching, etc]

今日から2017年始動開始.
年末大掃除,三が日は寝正月,体は鈍っている.今日はウオーミングアップ,久しぶりの舞岡へ.ヤマシギは来ているのかな.

きざはし池に到着すると,地元鳥見人が何かを狙っている.アリスイのようだ.ヤマシギは来ていないのかな.しばらく様子を見ていたが,ようやく池の奥にヤマシギが現れた.
02.jpg

上の写真ではよく分からないので中央を拡大すると
01.jpg
やあ!今年も来てくれたんだね.

しばらくアリスイを待ったが見られず,田圃やばらの丸の丘,明治学院大側の尾根道を散策.その後瓜久保へ.
ここではアオジの小群に遭遇.その中に1羽だけカシラダカ.
木の上の方でアオゲラが餌を獲っているようだが,距離があり,そのうえ枝かぶり.写真はなし.

07.jpg
アオジ

06.jpg
カシラダカ(目をこらして中央を見てね)

04.jpg
キセキレイ

機材: E-M1mkII MZD300PRO

コメント(8)