So-net無料ブログ作成
検索選択

立山 おまけ [旅行]

23日新幹線で夕方富山入り.何を食べいようか迷ったあげく,結局駅ビル内の白えび亭で軽く済ませることとした.でも人気ですね.結構人が並んでいた.飯を食べるのに並ぶなんて大嫌いな性分ですが,他の店を探すのも面倒なので,並んじゃいました.(以前も白えび亭が並んでいたので,並んでいない他の店に入ったのですが,そこはイマイチだったので,今回は我慢して渋々並ぶことに)


07.jpg

白えび刺身丼とホタルイカを追加.(写真を撮る前に白えびに醤油をかけちゃいました.)白えびはとっても甘くて美味しい.でも周りの人(外人観光客)は白えび天丼を食べている人が多い.最近の外人は生食もOKな人が多いのに.こっちの方が断然美味しいと思うんだけど,もったいないな.


翌24日電鉄富山から始発電車で出発.

01.jpg

今年は雪が多いですね.真っ白ですね.


02.jpg

天気も気持ちいい.おお飛行機雲.


10.jpg

誰かが作った雪だるま.


08.jpg

みくりが池も水面が見えません.乗っても大丈夫かな.


11.jpg

雪の大谷は19m.(最近の平均は16m程度らしいので,やはり今年は雪が多かったようです)


腹が減った.

04.jpg

レストランは大混雑.ホテル立山のティーラウンジでアルプスカレー.ドリンクセットで水出しコーヒーのホット?水出しコーヒーだけどホットって暖めたのかな?


ラウンジでは飯を食い終わった客(たぶん中国人)がそのまま昼寝?空くのを待っている客がいるのに,ほんと中国人旅行客には困ったもんだ.


そろそろ下山.

12.jpg

下に黒部湖.


13.jpg

黒部ダム


ここでも中国人の迷惑が目に余る.ただでさえ狭い大観峰や黒部平,さらに狭い通路のあちこちでで中国人添乗員が集合をかけ大声で注意事項か何かを説明しはじめる.前以て説明しとけよ.全く邪魔だな.人をかき分け,やっと扇沢まで.後はバスで信濃大町へ.


14.jpg

信濃大町駅に到着.トイレに向かうと,桜が満開.


松本駅で途中下車.駅施設内のお蕎麦屋へ.

06.jpg

キノコおろしそば.結構なボリューム.


信州といえば馬肉.

05.jpg

馬刺しも追加.


特急あずさで新宿到着21時過ぎ.結構疲れたな.



それにしても人大杉.さらに困りものは中国人.ネットであんだけ民度が低いと叩かれているけど,やっぱり自分さえよければ周りはどうでもいいようです.反省や民度を向上させようという気はないようだ.


添乗員にも責任があると思うな.旅行ってその土地の文化や習慣などを身をもって触れるのも楽しみと思う.日本人はこういうときどう思うとか,どうするとか説明すべきでしょ.郷に入っては郷に従うべきだろう.(日本人が中国に行ったときも同様で)そうすることでお互い理解できるようになるだろう.大げさにいえば外交関係も改善に向かうかもしれない.

コメント(2) 

総括:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]

4分(実際は3分もなかったが)の皆既日食のために13日間の船旅はちょっと贅沢かな.そう滅多にあることでもないし…

最大の目的の皆既日食はとても素晴らしかった.その素晴らしさをうまく表現できないし,写真でも十分伝わらない.やはり自分の眼で見なくては感動はないと思う.写真はあくまでも現象の記録にしかならない.そうわかっていても写真も撮りたいし,肉眼でも見たいし.今回撮影ではあたふたしてしまい,肉眼での観察が十分できなかったのが残念だ.また次回….やばい日食病発症か?
1.jpg

2.jpg
航路(青線)赤い○印で皆既日蝕を観測

海鳥についてはアホウドリなど見られたが,鳥島はあくまでも通過しただけで十分観察できたとは言えない.1周でも周回してくれればと思う.

船旅については,今回のような13日間も乗っているのは初めての経験.正直ちょっと飽きた.

まず乗客を見ると思った以上に高齢者が多い.今回日食ツアーということもあって,もう少し若い天文ファンが乗っているかと思ったが,自分より若いのは10名いなかっただろう.中には杖歩行の方もいらっしゃった.足が不自由でも船旅なら楽しめるわけだ.ある乗客がクルーズはみんなこんなもんだ,老人ホームだよと.まあそれなりに的を得ているような気がする.高齢な乗客が多いことは問題ないが,船内のイベントなど高齢者向けが多く,興味のあったものは一つもなかった.退屈の原因の一つ.

食事の際は他の一人参加の方と一緒のテーブルになることが多い.今回ご一緒した方々は紳士的な方が多く,安心した.(家庭のことや仕事のことを根掘り葉掘り聞いたり,逆に自分の自慢話ばかりや高圧的な態度の人など,普通なら一人や二人,合わない人がいるもんだが,今回はいなかった.)

また天文ファンというよりかはクルーズのリピーターの乗船が多かったようだ.この時期13日も仕事を休むのはなかなかできない.仕事を持っている若い天文ファンや日食病の人はインドネシアのツアーに参加しているのだろう.いろいろ日食の話を聞くのを楽しみしていたが,機会はなかった.
船内イベントとして日食に関する講演もあったが初心者向け.あまり興味を引くようなものはなかった.

出港してしまうと,後は全て船内の用をすませなくてはならない.ある乗客は日食なので参加したが,こんなの監獄のようなもの.本当はここから抜け出し居酒屋で一杯やりたいところだが,そういった自由がない.監獄と一緒だと.そう言われればそうだな.

クルーズそのものに問題があったわけではない.スタッフもよく教育されており気持ちよく旅行はできた.ただやはり窮屈感は否めない.もっと大きな海外の超豪華客船なら違うのだろうか.しかしお金ないし,そんな船には乗れない.当分の間こういった長めのクルーズはもう十分だ.日食のような目的のはっきりしたクルーズなら参加するかもしれないが,当分はない.

さて次回アメリカはどうしよう.お金も使い尽くしたし,行くとしたら弾丸かな?


ぱしふぃっくびいなす
 就航年 1998年
 総トン数 26594トン
 全長 183m 幅 25m
 巡航速力 18.0ノット
 旅客数 620名 乗組員 220名

皆既日食・グアム・小笠原クルーズ
 船長 松井克哉

コメント(0) 

撮影後記:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


個人的にはそこそこ成功したと思う.
天候には一時はらはらさせられたが,船長の操舵で雲を回避でき,皆既中は雲に邪魔されることもなく観測できた.撮影も自分としては合格点かな?
555.jpg

まず三脚・雲台.動画用雲台の選択は正解だった.揺れる太陽を比較的よくキャッチできた.もちろん揺れの程度にもよるが,今回はうまくいったのではないだろうか.
実際は折りたたみ椅子に座り,足の上に腕を置き,その高さに雲台のバーの先端が来るように高さを調節した.雲台の動きはスナップを効かせ手首のみで行う.腕は足に固定されているので結構安定してスムーズに動かすことができる.

それでも太陽はフレーム内を大きく動く.換算焦点距離600mmのレンズも正解であった.フレーム内を動くが大きくはみ出ることはなかった.今回購入したMZD300mm F4 PROの光学系も素晴らしくゴーストも出なかった.

問題はピント合わせ.AFは迷うのでMFでの調節が必要となる.ミラーレス機なら拡大表示でピント合わせができるのだが,揺れる船上では困難.しかしPEN-FのEVFは結構見やすく拡大率を7倍と低めにしてどうにかピントを調節することができた.

背面モニターのバリアングルも便利であった.急な方向転換に合わせてカメラ動かしても,モニターがバリアングルだったので,座っている位置を変える必要はなく撮影を続けられた.

電子シャッターを使用し極力ブレを抑えるようにした.ローリング現象なのか大きく揺れた時の写真では太陽が真円に写っていないものがあった.他の写真はほぼ真円のようなので良かったが,しっかりとフォーカルプレーンシャッターで撮影すべきだったかもしれない.

α7・魚眼レンズでの撮影については『2016.3.9 皆既日食』に書いたように失敗だ.事前準備での試写が不十分でカメラ側の設定を十分把握できていなかったことが原因だ.

日食以外にも日の出・日の入りや海鳥の撮影をした.ほとんどはEOS7DmkII・EF100-400mmで撮影した.一度日の出をPEN-F・MZD300mmF4で撮影したことがある.低空に雲があり,そこにピントを合わせようとしたが,まだ暗く,単調な灰色の雲ではAFが合わない.
EOS7DmkIIでも迷うことはあるが,PEN-Fほどではなかった.やはりOLYMPUSのAFはちょっと弱いのかな.
一方E-M1と300mmF4の組み合わせではEOS7DmkIIほどではないが、そこそこピントを追うことができた.追尾AFも実用範囲内であった.

その他スナップ撮影でPEN-Fを使用したが,コンパクトが故に不用意にボタンやダイヤルに触れ,知らないうちに設定が変わっていたことが多かった.現在一部のボタンやダイヤルの機能をoffにした.もうちょっと使いながらボタン設定を検討するつもりだ.

なお今回一連のblogに掲載した写真,特に日食写真や食事写真などはトリミングしています.


【撮影機材】
 OLYMPUS
  PEN-F
  E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm f4.8-6.7 II
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
 Canon
  EOS 7D Mark II
  EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
 SONY
  α7
  Nikon 16mm f2.8 Fisheye-NIKKOR(マウントアダプタ使用)
 Apple
  iPhone6

 三脚
  GITZO GT4552TS
 雲台
  Manfrotto ビデオ雲台MVH502AH


コメント(2) 

2016.3.16 横浜入港:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


十三日目.長い長い船旅が終わり,横浜大さん橋に入港.

日の出を見ようとデッキに出ると,すでに房総半島が目に入ってきた.朝日は房総半島越しに上がってきた.
1603.jpg

9時定刻通り横浜大さん橋に入港.これで今回のクルーズは終了.いや〜長旅だった.
1601.jpg

つい数日前にはこの世のものとは思えないような神秘なそして壮大な世界を体験していた.しかし今,目の前にあるのはビル,ビル,ビル,そして車,車,車.現実の世界に引き戻された.明日からは仕事だ.

【今日の朝食】
 洋食ビュッフェ


コメント(0) 

2016.3.15 低気圧:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


十二日目.終日航海.今日が実質最終日.朝の時点で船は鳥島の南に位置していた.

今航海で一番の悪天候.事前の話だと太平洋に発生し発達した低気圧が2つあり,その間を通過するらしい.今朝は4時頃揺れで目を覚ました.大きな波に乗りあげ,船首が上がり次に海に叩きつけられる時,大きな音とともに船体が大きく振動する.揺れ,音,振動で目が覚めてしまった.

日の出時刻は船室内に迎えた.空は雲は多いが晴れ間も見える.ただ東の空は雲があり日の出は拝めなかった.その後空は明るく,日も差すようになったが,うねりは大きく船体は大きく揺れる.午前6時時点で波高4.0m,風速18m.
今航海で2回目の酔い止め薬のお世話になる.

朝一時青空が見えていたが,すぐ雲が優勢となり,雨脚も強くなり,またしばらくすると青空が広がるなど忙しい天気だ.
1501.jpg
虹も出た.

もう一度鳥島通過の際アホウドリが見られると期待していたのだが,この天候では無理そうだ.デッキに出てみたが波しぶきがデッキまで上がってくる.窓越しに鳥島が見えた.横に虹がかかっている.悪天候のため島への接近もなく通過.今回の鳥島での鳥見はなし.
1502.jpg
鳥島

昼食のときダイニングから須美寿島が見えた.その後読書などしてくつろぐ?いやいやちょっとムカムカでくつろげなかった.さらに酔い止め薬のせいか睡魔に襲われる.仮眠から目覚めるとうねりはやや収まったようだ.

夕日も雲で見えす.最後は美しい夕日で締めたかった.

【今日の朝食】
 ハマチの生姜焼き
 佃煮 うぐいす豆
 切干大根の胡麻和え
 玉子と枝豆のから炒め
1503.jpg

【今日の昼食】
 スナックえんどうの白和え
 ひろうすと野菜の炊き合わせ
 明日葉うどん
 茄子のはさみ揚げ
 鶏ごぼうご飯
 花寒天
1504.jpg

【今日の夕食】
 ハムとクリームチーズのブリュレ
 タスマニア産サーモンのスモーク いくらとハーブのソース
1505.jpg
 春キャベツとレンズ豆のスープ
1506.jpg
 真鯛のグリル ブールブランソース
1507.jpg
 国産牛サーロインのステーキ 生山葵と温野菜
1508.jpg
 ショコラ 桜 ラムレーズンアイス添え
1509.jpg


コメント(0) 

2016.3.14 小笠原・父島:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


十一日目.早朝父島二見港に入港.

二見湾で日の出の時間を迎えるが,すぐ前の高台で遮られてしまう.
1403.jpg
写真はちょっとガタガタパノラマ.

朝,入国手続き後に上陸.午後から天候悪化のため父島滞在は実質4時間.船でのんびりでも良かったが,折角なので大村をぶらぶらすることにした.大型船は直接接岸できないので,通船,船から岸壁まで小型船で渡る.

1407.jpg
船が大きく接岸できないためブイ係留.ブイとはいっても結構大きい.

1404.jpg

まだお店は開店前.仕方なくウェザーステーションに登ることにした.到着そうそう近くでザトウクジラが出現.望遠レンズを持ってこなかったのが悔やまれる.
1420.jpg

1421.jpg
2頭一緒にジャンプ.

再び大村に戻りぶらぶら.以前行ったことのあるみやげもの屋を覗いてみる.以前と変わりなし.ちょっとご主人と世間話.もう一軒,Tシャツ屋は閉店.残念と思っていたら,別のところで露店を開いていた.話を聞くとオーナーが変わったらしい.今後は他の店になり,そこでまたTシャツを販売するかもと言っていた.
1405.jpg
聖ジョージ教会

露店でコーヒーを.女性スタッフの話では,世界遺産になった当初の混乱?ぶりは落ち着いたらしい.おが丸や宿の予約も取りやすくなったと.あの混乱で良かったことは,みやげもの屋でいらっしゃませと挨拶をするようになったことと,おが丸のスタッフの接客がよくなったことだそうだ(笑)

そのおが丸は本日入港.このおが丸は二代目.はじめて小笠原に来たときは初代,そしてこの二代目にもお世話になった.記念にパチリ.この夏には新造船三代目おが丸が就航予定.ちょっと早いけどお疲れ様でした.今度来るときは三代目かな.こちらも楽しみ.
1406.jpg

早めに船に戻り,のんびりくつろぐ.13時に二見港出港.漁船の見送りは初めて.
1408.jpg

1409.jpg
遠ざかる父島列島.

海上ではザトウクジラのブロー,ジャンプが見られた.鳥はいつものオナガミズナギドリと時々クロアシアホウドリが滑空する.聟島の近くなのでアホウドリを期待したが,見られなかった.
1422.jpg
ザトウクジラ

1423.jpg
ザトウクジラ

741.jpg
嫁島

852.jpg
媒島

963.jpg
聟島

日の入り時刻には天候も崩れ,今日は夕陽が全く見られなかった.その後雷が光り,雨が降りだした.海は荒れ,船は大きく揺れた.

【今日の朝食】
 塩鮭の火取り
 佃煮 くり豆
 ほうれん草のお浸し
 白滝とセロリの金平
14888.jpg

【今日の昼食】
 特製カレー
 林檎とじゃが芋のミモザサラダ
 コンソメスープ
 フルーツゼリー
14999.jpg

【今日の夕食】
 先付
  島寿司
1412.jpg
 前菜
  菜の花と蛤の辛子和え
1413.jpg
 煮物
  薩摩黒豚の豆乳しゃぶしゃぶ
1414.jpg
 焼物
  かさごの柚庵焼き
1415.jpg
 揚物
  鱧つみれ揚げ
 酢物
  氷頭なます
 菓子
  よもぎ大福


コメント(0) 

2016.3.13 小笠原・硫黄島:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


十日目.今日も終日航海.

朝は雲が多く,朝日は全く見えず.
1332.jpg

朝日を待っている時,船の横をアカアシカツオドリを飛んでいた.さらにオナガミズナギドリの姿も.

遠くに南硫黄島が見えてきた.海鳥の多くなってきたようだ.クロアシアホウドリも出現.南硫黄島に接近.今回またこの島を見ることができるとは思わなかった.さらに白いひらひらが期待される.いました!いました!海面すれすれをひらひらと.でも遠い.証拠写真にしかならない.でもよく見ると赤い尾羽が確認できた.また会えて感激.
1331.jpg
南硫黄島

1301.jpg
アカアシカツオドリ

1302.jpg
アカアシカツオドリ

1303.jpg
アカアシカツオドリ トビウオを見つけました.

1304.jpg
こっちは幼鳥.うまく採れるかな.

1305.jpg
失敗

1306.jpg
トビウオも必死です.

1317.jpg
トビウオ

1316.jpg
水面から飛び出してすぐは尾びれを激しく振っています.

1307.jpg
アカオネッタイチョウ

1308.jpg
オナガミズナギドリ

1309.jpg
オナガミズナギドリ

1310.jpg
オナガミズナギドリ

1311.jpg
カツオドリ

1312.jpg
クロアシアホウドリ

船は北上して硫黄島へ.ここでは献花と黙祷.
1337.jpg

1339.jpg
硫黄島 摺鉢山

さて鳥の方はというと島を離れる時,数羽の小型の海鳥が飛んでいた.後で確認すると初見のセグロアジサシだった.
さらに海面にブロー.ザトウクジラが見られた.
1315.jpg
セグロアジサシ

1313.jpg
ザトウクジラ

1314.jpg
ザトウクジラ

硫黄島を後にし,次は北硫黄島となるが日没となる.今日の鳥見は終了.
日の入りはやはり雲でイマイチでした.そう簡単にグリーンフラッシュが何回も見られませんね.
1333.jpg

1335.jpg

1330.jpg

【今日の朝食】
 金目鯛西京焼き
 佃煮 くり豆
 ちぢみ蒟蒻の酢味噌添え
 青梗菜と竹輪の揚げ浸し
 999.jpg

【今日の昼食】
 チャーハン
 春巻き,サラダ,スープなど

【今日の夕食】
 前菜
  いくら豆富
1320.jpg
 造り
  牡丹海老
1321.jpg
 煮物
  鴨肉の治部煮
1322.jpg
 焼物
  茄子と蟹の和風グラタン
1323.jpg
 揚物
  平目の金時揚げ1324.jpg
 菓子
  抹茶と羊羹のクレープ巻き
1325.jpg


コメント(0) 

2016.3.12 のんびり日:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]

2016.3.11 グアム観光

九日目.終日航海.朝の時点でサイパンを過ぎ,さらに北上中.

日の出は雲に阻まれ,ちょっことだけ見えた.恥ずかしがり屋さん.
1201.jpg

今日は穏やかに晴れ気持ちいい天気.特に予定もなし,マリアナ諸島の遠く西の海上を航海.島も遠く鳥も見かけない.今日はのんびり日.デッキで音楽を聴いたり,読書をしたり.

午後のティータイムはフルーツパラダイス.グアムで仕入れたフルーツのビュッフェ.たらふくいただきました.
1205.jpg

1204.jpg

今日も日の入りは雲に邪魔されイマイチ.
1206.jpg

【今日の朝食】
 洋食ビュッフェ
1202.jpg

【今日の昼食】
 若竹和え
 胡麻豆富
 炊き合わせ じゃこ天 ブロッコリー 人参
 鰻の飯蒸し
 蜂蜜葛流し
1203.jpg

【今日の夕食】
 オードブル取り合わせ
  フォアグラのテリーヌ
  薩摩地鶏と水菜のサラダ 柚子胡椒ソース
  空豆と紋甲烏賊のグレッグ
  ブリオッシュとラムレーズン
1211.jpg
 カリフラワーのポタージュ
1220.jpg
 鱸のグリル ドライトマトと蛤のソース
1230.jpg
 アシェットデセール


コメント(0) 

2016.3.11 グアム観光:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


八日目.停泊中の港は繁華街から離れた貿易港.グアムには旅客ターミナルを有する港はないそうだ.みんな飛行機で来るもんね.

繁華街まで距離がある.タモン地区までシャトルバスが運行されたが,特別グアム観光で行きたいところがあったわけでもなく、ショッピングにも興味はなし.個人的には日食が終われば後はおまけのようなもの.でも折角なのでオプショナルツアーを申し込んだ.

朝バスに乗り込み最初に向かったのはファッシュアイ・マリンパーク.海中展望塔を見学.同じようなものは日本にもあったような….
覗く窓,覗く窓,次々魚が逃げていく.嫌われているのかな.

周りではシュノーケリングやダイビング.
1103.jpg

1104.jpg

次はアプガン砦.スペイン統治時代のスペイン軍の砦.眺めが抜群.大砲があったがレプリカ.
1105.jpg

なんとなくトイレもアメリカン?
1107.jpg

駐車場の一角でココナッツジュースを販売していた.
119.jpg
ココナッツジュース.ここまでは普通.

118.jpg
飲み終わったココナッツを渡すと真っ二つに割り,内側の白い部分をくりぬいてくれる.

117.jpg
わさび醤油で召し上がれ.ちょっと蒟蒻のような食感で美味しかった.

砦のすぐ下のラッテ・ストーン公園.古代チャモロ文化の遺跡の石柱.建物の土台に使われたのではといわれているそうだ.
1108.jpg

道路を渡るとスペイン広場.スペイン総督府のあった場所.
建物は綺麗に修復されていた.昔のままの方がよかったな.(昔の姿はネットで検索すると出てきますよ.)
社交場のチョコレートハウス.
1110.jpg

すぐ横に小さな池があり,カエル?置物ではありません.生きてます.こんな炎天下で大丈夫なのだろうか.
1111.jpg

1109.jpg

1112.jpg

1113.jpg

公園横にはハガニア大聖堂(聖母マリア大聖堂)がある.
グアムで最初のカトリック教会.
1114.jpg

ファッシュアイ・マリンパークに戻り昼食.チャモロ料理のビュッフェスタイル.全体的に味付けが濃い印象だが美味しい.

午後は恋人岬へ.途中イパオビーチに立ち寄る.グアム随一のビーチ.若い二人がビーチでまったりとくつろいでいたが,我々のバスが到着し事態は一変.年寄りが若い二人の周りを徘徊始めた.居心地悪かっただろうな.(ごめんなさい.)
1120.jpg

恋人岬.グアム観光の定番.でも一人で来てもな….
1121.jpg

次はT GALLERIAへ.
特にショッピングに興味はなし.ましてやブランド品に関してはチンプンカンプン.通り向かいのABC STORESでしょうもなくTシャツでも購入するか.後はブラブラ時間潰し.

予定通り帰船.17時過ぎに出港.さらばグアムよ.
1140.jpg

海上で日の入りを迎える.最後の最後で低空の雲に遮られた.その後皆既日食2日目の月が出現.一昨日はありがとう.
1130.jpg

1131.jpg

月も見えた.
1141.jpg

急遽夜星空観測会が開催された.南低空に雲がかかり南十字星は見えなかったが偽南十字で我慢.天の川も結構見えるもんだな.

ところで今日は3月11日,そう5年前東日本大震災があった.のんきにグアム観光とは気が引ける.いいわけに聞こえてしまうが日食の日は変えられない.仕方ない.
ただ日本の高校生と思われる集団がグアムでショッピング.たぶん修学旅行と思われる.ちょっと違和感を感じた.震災のあった日に他に学ぶことがあるだろう.震災のこと,復旧のこと.もちろんこの時期に修学旅行を組んだのは学校側だろう.学校も学校だ.3月11日はグアムではなく東北に行き震災被害を受けた方々の現状を直接見聞きすることのほうが学生のためになると思うのだが.18歳から選挙権も与えられるわけだし….

【今日の朝食】
 洋食ビュッフェ

【今日の昼食】
 チャモロ料理バイキング 

【今日の夕食】
 お通し
  笹身の炙り 山葵風味
 前菜
  藁焼き鰹の酒盗和え
  アボカドのとんぶり和え
  茗荷寿司
1150.jpg
 蒸し物
  黒豚と白菜の重ね蒸し
1151.jpg
 焼物
  殻付帆立とじゃが芋のバター醤油焼き
 揚物
  桜海老のかき揚げ
1152.jpg
 酢物
  蛍烏賊の八方酢
 菓子
  枝豆饅頭


コメント(0) 

2016.3.10 グアム入港:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


七日目.グアム入港日.久しぶりの陸地.

朝,日の出の写真を撮りにデッキに.低空に雲があったが,太陽が頭を出したのがわかった.昨日はありがとう.
1001.jpg

横に目をやると,うっすらと島影が見える.グアム島のようだ.予定では入港は午後.早く着いたので島近くの海上で時間調節.
101.jpg

午前中は特に予定もなく,日食の余韻に浸りながらのんびりプールサイドで音楽を聴いたり,本を読んだいして寛ぐ.

午後は入国審査.係官が船に乗り込み船上での審査.楽チン.上陸許可が出るまで時間がありコーヒーブレイク.
上陸許可は出たものの係留した港は貿易港で周辺には何もないそうだ.タモン地区までシャトルバスが出ているが,特にショッピングに興味もなく,またコーヒーブレイク.コーヒーでお腹ぶかぶか.

まったりな一日でした…いけない!夕日を見るのを忘れた.

【今日の朝食】
 銀鱈の西京焼き
 佃煮 金時豆
 キャベツと厚揚げのさっと和え
 竹輪と牛蒡の金平
102.jpg

【今日の昼食】
 南瓜のキッシュとプティサラダ
 コンソメペイザンヌ
103.jpg
 ハッシュドビーフ オニオンリング添え
104.jpg
 ティラミス
105.jpg

【今日の夕食】
 前菜
  するめ烏賊の松前漬け
 造り
  河豚のたたき
 煮物
  甘鯛の酒蒸し かぶら餡
 焼物
  鮭の柚庵焼き
106.jpg
 揚物
  みつせ鶏 薬味だれ
 酢物
  フルーツトマトと蓴菜の八方酢ジュレ
 菓子
  甘辛団子


コメント(0) 

2016.3.9 皆既日食:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす(写真追加) [旅行]


六日目.皆既日食当日.朝の時点で船の位置はグアムの南東海域.


空を見上げると青空が広がっているものの,周囲の低空には雲があり,頭上にも線状の雲がうっすら.その低空の雲の切れ間から日の出が見られた.いつもと同じ太陽だが今日は数時間後には月に隠される.そう思うと,いつもとは違う太陽のようにも見える.すでに興奮状態.
0901.jpg

朝から撮影の準備でバタバタ.そそくさと朝食をとり,観察場所のデッキへ.うむ〜天気としては晴れなんだけど雲があちこち.波風もやや強い.デッキにいると細かな波しぶきが舞い上がってくる.最悪のコンデション.観測中は船のスピードも落とすだろう.どうにかなるかな?

日食30分前.船はスピードを落としている.そのため朝ほど風も強くなく波しぶきも舞い上がってこない.
三脚そしてカメラをセッテイング.次にピント合わせ.揺れている船上でのピント合わせは一苦労.

いよいよ日食が始まる時間がきた.雲はあるものの青空が広がっている.9時26分第1接触.始まった.まだ部分日食なのに脈拍数も一気に上昇.
P3090008.jpg

ときおり薄い雲が通過するが,まるで薄いベールが風になびいているようにも見える.最初の大きな雲に隠れると,まだそれほど欠けていないのに思わず『ああ〜』と溜め息を聞こえる.まだまだこれから.
P3090073.jpg

横で観測されていたご夫婦の自作のピンホール.撮らせてもらいました. 
0910.jpg

その後ときおり大きな雲に隠れるものの順調にかけていく.90%ほどが欠けた頃だろうか大きな雲が現れた.龍がまるで玉を掴み去ろうとするかのごとく,まさに風雲急を告げる.ここは船長の腕の見せ所.煙突から黒煙が上がる.船体が大きく右に曲がる.龍の鋭い爪から玉を取り戻し,玉は輝くダイヤモンドに変わった.
現実は急に進行方向が変わり,カメラを大きく振り,無理な姿勢での撮影.勘弁してよ.

そして第2接触.純白のコロナが出現.上方には赤いプロミネンス.まさに黒い太陽が燃えて輝いているようだ.二度目の皆既日食.何度見ても感動する.以前見たときは不気味さえ思えたが,今回は綺麗の一言.前回は低空で風景と一緒に見え,現実と幻想が混在し不気味さを感じたのかもしれない.今回は高空で日食以外何も視野に入ってこない.幻想の世界だけ.美しさしか存在しない.
P3090159.jpg

P3090187.jpg

P3090197.jpg

P3090210.jpg

第3接触,再びダイヤモンドリング.皆既中は雲に邪魔されることはなかった.さすが船長!ただ皆既帯中心から外れていたため皆既持続時間は当初予定の4分以上から3分弱であった.通りで慌ただしかったはずだ.

皆既が終わるとデッキから一人減り,また一人減り.折角なので第4接触まで頑張ろう.12時30分第4接触で今回の皆既日食全過程が終了.

第一接触 09時26分14秒 北緯10°38′83 東経148°47′48
第二接触 10時56分05秒 北緯10°37′02 東経148°36′09
食の最大 10時57分23秒 北緯10°37′37 東経148°35′96
第三接触 10時58分45秒 北緯10°37′42 東経148°35′85
第四接触 12時30分12秒 北緯10°37′89 東経148°23′53

失敗その壱
はじめピントは合っていたが,第三接触後の写真を見ると僅かにピンボケ状態.第三接触後NDフィルターを再装着する際,ピントがずれてしまったらしい.何度かピント調節をするべきであった.もし第二接触後のNDフィルターを外すときピントがずれていたら皆既中の写真が全滅になっていたかもしれない.そう思うと冷や汗ものである.

失敗その弐
今回高い高度の皆既日食と水平線と一緒に撮影しようとα 7にマウントアダプターを介してNikonのMFの対角魚眼レンズをつけて撮影しようとしたが,ファインダーに画像がうつらない.直前まで普通に撮れていたのに,設定表示は出るが画像は真っ黒で何も見えない.あわててバッテリーを入れ直したりレンズを付け直したりしたがダメ.時間が経過していく.結局諦めた.
原因はライブビューの設定効果反映をonにしていたこと.露出モードをマニュアルにしていたため極端な露出設定(露出量が少ない)だと,画面が真っ黒になってしまうと判明.モードがA(絞り優先)だと大丈夫だった.落ち着いて露出条件など変えていればよかったんだけど,慌てて頭が働かなかった.

失敗その参
双眼鏡でも見ようと準備していたのだが,失敗その弐であたふたしてしまい,双眼鏡のことなんか忘れてしまった.

午後は潮を浴びた機材の手入れ.
夕日は今日も雲に邪魔され,隠れたまま水平線の下へ.
0903.jpg

【今日の朝食】
 太刀魚の火取り
 佃煮 うぐいす豆
 オクラの金山寺味噌和え
 蒟蒻と絹さやのピリ辛炒め
 (その他洋食ビュッフェからサラダ)
0906.jpg

【今日の昼食】
 丸重膳
  ピーナッツ豆富
  鶏肉の八幡巻き
  明太子出し巻き
  蛸の生姜煮
  山 蕗と京揚げの山椒風味
  燻りがっことチーズのポテトサラダ
 茶碗蒸しの亀甲餡かけ
 鯖寿司二種
  〆鯖寿司 炙り鯖寿司
 薩摩芋の蒸し菓子 桂花の香り
0900.jpg

【今日の夕食】
 コッパハムと焼きカマンベール ナッツとドライフルーツ
0905.jpg
 タピオカ入りコンソメ
0903.jpg
 魚介のミックスグリル ハーブバター
0902.jpg
 カシスショコラ ダイヤモンドリングスタイル
0901.jpg


コメント(4) 

2016.3.8 アカアシカツオドリ:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


五日目.終日航海.朝の時点でグアム近海,

皆既日食前日の月を見ようと早起きしたものの残念ながら雲に遮られてしまった.日の出もダメだった.その後雲は徐々に減り,晴れ間が出たと思ったらスコール,また晴れ間.晴れ間が出ても薄雲がかかった感じ.撮影前日の練習をちょっことしただけで明日ほぼぶっつけ本番状態.気になるのがちょっと波が出てきたかな?

船内テレビで船首映像のみをながしているチャンネルがある.チラッと見たら何か白いものが見える.明らかに飛んでいる.鳥だ.慌ててカメラを持ち出し撮影.アカアシカツオドリだ.2羽が船に伴走.しばらく撮影をしていたが,昼食の時間になったのでお別れ.
0801.jpg
アカアシカツオドリ EOS7DmkII EF100-400L II
0801.jpg
アカアシカツオドリ E-M1 MZD75-300II

午後は特に予定もなく,鳥もいない.映画を見たり,本を読んだり….デッキをウオーキングしている時,船の横を黒い鳥影,今度はカツオドリが伴走.カメラを取りに戻るもの面倒なのでiPhone6でガシャと.
0810.jpg
カツオドリ iPhone6

昨日のグリーンフラッシュで盛り上がったが今日はダメ.雲で夕日は見えませんでした.
夕食後は明日の撮影の最終チェック.いよいよ明日は本番です.
0802.jpg

【今日の朝食】
 塩鯖の火取り
 佃煮
 ごぼう天と青梗菜のお浸し
 ひろうすと里芋の煮物
 焼き海苔
0804.jpg

【今日の昼食】
 壬生菜としめじのお浸し
 南瓜のそぼろ餡
 卓袱うどん
 野菜のかき揚げ
 鯛ご飯 香の物
 トマトとオレンジのコンポート
0802.jpg

【今日の夕食】
 前菜
  おぼろ豆富 胡麻だれ
 造り
  鮪 烏賊鳴門 帆立
0803.jpg
 煮物
  風呂吹き大根の海老そぼろ餡
0804.jpg
 焼物
  グリーンアスパラガスの牛肉巻き
 揚物
  山菜の天麩羅 こごみ たらの芽
 酢物
  長芋もずく
0805.jpg
 菓子
  冷製白玉善哉


コメント(0) 

2016.3.7 グリーンフラッシュ:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす(写真変更) [旅行]


四日目.終日航海.朝の時点で父島とグアムの中間地点あたりを航海中.

空は晴れた.風もやや弱くなったようだが,まだうねりがあるようで昨夜ほどではないが揺れる.昨日飲んだ酔い止め薬のせいか起床時体に力が入らない.ちょっと寝坊して日の出には間に合わず.(後で聞いた話によると,日の出前の早朝に綺麗な星空と薄く欠けた月が見えたそうだ.残念)

午前中は日食に関する講演など聞き,午後は双眼鏡で鳥見をしてみたがほとんど見られず.デッキをウオーキングなどして時間潰し.ほんと鳥がいないんでやんなっちゃう.
0701.jpg

夕方日の入りの撮影にデッキへ.水平線近くには雲もなく,夕日は水平線に吸い込まれていった.最後にほんのちょっとだけどグリーンフラッシュ.初見.なんとラッキーな.この調子で9日もお願いしますよ.
0702.jpg

0703.jpg

0701.jpg
完全に沈む直前,緑色に輝く太陽.わかるかな.
ちょっと拡大してみましょう.
0702.jpg
(拡大トリミング)

【今日の朝食】
 洋食ビュッフェ
0708.jpg

【今日の昼食】
 ゴーヤの白和え
 鮪の山掛け
 銀鱈の西京焼き
 白須と若布の酢の物
 わらび餅
0709.jpg

【今日の夕食】
 タラバ蟹のカクテル キャビア添え
 平目の昆布〆 彩り野菜とモッツァレラチーズのサラダ 蜂蜜風味
 小さな器に入った茸のチャウダー
 フランス産BBCポークと林檎の挟み焼き
 フロランタンサブレ 紅茶マスカルポーネクリームと共に
(撮影するのを忘れた.食い意地が張っているからね.)


コメント(0) 

2016.3.6 曇空:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす [旅行]


三日目.終日航海.朝の時点でまだ小笠原母島近く.結構ゆっくりなんだな.こういったクルーズでは余裕を持っての航海なのだろう. 

海は前日夜遅くから徐々に波風が強くなってきた.デッキは風だけでなく,波も被るほど.これでは鳥見どころではない.今日はおとなしく読書タイム.
0601.jpg

午後も海の状況は変化なく,いやむしろ夕方から夜にかけてさらに荒れた.船室内にいてもあちこちから軋むような音が聞こえてくる.ちょっと船酔い.
この日は1日太陽を拝むことはできなかった.

【今日の朝食】
 洋食ビュッフェ

【今日の昼食】
 スモールサラダ
 トマトコンソメの野菜スープ
 豚フィレ肉のチーズ挟みカツレツ マッシュルームソース
0601.jpg
 バニラアイス ベリーソース

【今日の夕食】
 前菜
  雲丹とイクラの茶碗蒸し 山葵餡かけ
 造り
  鰈 鰤
0602.jpg
 煮物
  生麩  床節 わらび 里芋 金時人参
0603.jpg
 焼物
  薩摩赤鷄の柚子胡椒焼き
0604.jpg
 揚物
  海鮮カダイフ揚げ 海老 鱚 烏賊
0606.jpg
 酢物
  独活 蛸 胡瓜
 菓子
  抹茶の新緑(和菓子)
0605.jpg


コメント(0) 

2016.3.5 鳥島:「皆既日食・グアム・小笠原クルーズ」 ぱしふぃっくびいなす(一部写真変更) [旅行]


二日目.終日航海.早朝船の位置をチェックすると,まだ青ヶ島の南海上.

日の出は低層の雲に遮られてイマイチ.
0502.jpg

海は白波皆無のほぼ凪状態.
0502.jpg

朝食後からデッキで鳥見を始めるが,ほとんど見かけない.ときどき遥か遠くにミズナギドリ類が飛翔している鳥影が見られるが,あまりにも遠くで双眼鏡で見ても鑑別はできない.

前方に微かに島影がみえた.鳥島.個人的には今回クルーズの2番目の目的である.徐々に飛翔している黒い鳥がちょっとだが増えた.クロアシアホウドリだ.水面ではクジラのブローも.島に近づくにつれ色々騒がしくなってきた.この時期鳥島ではアホウドリが繁殖中のはずだ.いた!白い奴.ちょっと遠いな.それに風が強い.ぶれぶれでフレームアウトしちゃうし証拠写真程度が精一杯.ちょっと不完全燃焼.島を周回してじっくり観察したいのだが,船は島に接近はするものの,そのまま通過してしまう.後ろ髪を引かれる思いだ.復路でもう一度機会があるかな.
0508.jpg
鳥島全景

0503.jpg
アホウドリ(逆光でいまいち)EOS7DmkII EF100-400L II

0506.jpg
アホウドリ EOS7DmkII EF100-400L II

0504.jpg
クロアシアホウドリ EOS7DmkII EF100-400L II

0507.jpg
クロアシアホウドリ EOS7DmkII EF100-400L II

昼食後は孀婦岩に接近.しかしここは鳥が繁殖するようなスペースはないのだろう.鳥影はなし.
0501.jpg

その後はしばらく島はなく,鳥の出現も期待できないので本日の鳥見は終了,撤収.

日の入りも雲に邪魔させた.
0510.jpg

【今日の朝食 】
 洋食ビュッフェ

【今日の昼食】
 海鮮丼
 その他小鉢
0509.jpg

【今日の夕食】
 大浅蜊のブルギニヨン
 真鯛とからすみのタルタル ディルと赤粒胡椒のソース
 コンソメロワイヤル
 めばるのポワレ 小蕪のクリーム煮とバルサミコのソース
 レモンシャーベット
 黒毛和牛フィレ肉のステーキ フォアグラのソテー添え ソースペリグー
 ハイビスカスのヌガーグラッセ
(今回はインフォーマルでのお食事なので、写真撮影は遠慮した.でも写真ないと分かんないよな.)


コメント(0)