So-net無料ブログ作成

停電 [時事]

計画停電は首都圏に混乱をもたらした.混乱の原因としては東京電力の対応の不味さもあったが,以下に現在の生活が電力に頼っているかということだろう.とにかく電気のありがたさが身に染みた.

中越沖地震の時,柏崎刈羽原発でも事故が発生し,一時運転停止した.その際地元市長が東京に影響が出ると思ったが何の影響もなく普段通りの(電気の無駄遣い?)生活をしている.違和感を感じるといった趣旨の発言をした.首都圏東京の電力供給のため,普段から原発という危険と一緒に生活し,今震災に苦しんでいるのに,東京の人間はそんな苦労も知らずか電気を使い放題.そのことに違和感を感じたらしい.

この発言はちょっとずれている感じだが,まあわからなくもない.当時この発言に関しては批判的な意見が多かった.金をもらっているのに何を言うかとか,東京が困れば地方も困るだろとか.多くの人は金が欲しくて原発を受け入れたのではないと思うし,原発がなければ違う町作りもできただろう.この批判的意見もちょっと違う感じがする.

しかし今回の地震で原発事故さらに被爆者の発生とニュースに触れ,一方電力供給不足で都市の生活に影響が出ると.都市の生活が以下に地方に支えられているか痛感した.電力だけではない.何の不自由のない都会の生活,たとえばスーパーに行けば野菜や魚,何でもそろっている.これらも地方で栽培や収穫されてきたものが多い.生産地の地方あっての東京,大消費地の東京あっても地方.

今回の激甚災害では直ぐに復興は難しいだろう.電力もしばらくは供給不足が続くだろう.都会の人間も少し不自由な生活を経験し日頃の有り難さに感謝しよう.

地震の影響 [時事]

地震の影響がこんな形で首都圏に影響するとは思ってもいなかった.

電力供給不足のため一部で計画停電.23区内は基本的に停電なしとのことだった.(とはいっても自宅では節電している.暖房offです)
ところがJR,私鉄とも一部路線で運休.久しぶりに三番瀬の様子を見に行こうと思っていたが,京葉線も運休のようだ.折角の休みだが自宅でのんびりすることとした.

それにしてもテレビでは連日地震のニュースばかり.その映像を見ていると想像以上に被害が大きかったのがジワジワ伝わってくる感じだ.救助も思い通りに進んでいない様子.復興なんていつになるやら想像もできない.阪神淡路大震災のとき復興までどのくらいかかったろうか.(どの時点で復興とするかの定義にもよるだろう)今回はその何倍もかかりそうだ.

今回とにかく広範囲の災害だ.さらに地形的にも前は海,後ろは山,その山の間が小さな平地に町が点在する.アクセスが困難なところが多そうだ.
津波の被害も甚大だ.地震の被害だけなら,家屋がその場で崩壊するだけだが,その後の津波でさらに大きく形が崩れ,位置も移動し,他の家や車などの漂流物と一緒にかき混ぜられぐちゃぐちゃ状態になってしまった.これを取り除くだけでも大変だ.

家だけでなく漁業関係者では船が壊れ漁ができない.田畑にも津波が押し寄せ,漂流物を取り除いても海水に浸った土地では塩害で耕作できない可能性もある.住居だけでなく生活事態がぐちゃぐちゃだ.

さらに原発も心配だ.一般住民に被爆した人がでたようだ.クリーンエネルギーとして世界的に注目されているが地震国日本には危険すぎることが今回の地震で現実のものとなった.今後原発反対の気運が高まるだろう.今後のエネルギー政策の変更が必要になるかもしれない.

地震です [時事]

東京でも結構揺れました.はじめはちょっと揺れているなと思っていたが,徐々に強くなり,最終的には大きな揺れで焦りました.
その後も余震と思われる揺れが続き,こんなのは初めてです.

渋谷から自宅までは徒歩で帰宅.もっともいつも運動不足解消のため週に数回徒歩で帰宅しているので何の問題もないのですが,今日は結構歩いて帰宅する人が多く,歩道は人大杉でした.

帰宅してからテレビをみてびっくり.地震規模は国内最大のM8.8,津波も凄かった.結構内陸まで水が押し寄せている様子だ.鉄道もストップ.東京タワーも曲がった.心配なのが福島原発.今のところ放射能漏れはないようだが,緊急事態宣言がされた.さらに住民の避難も始まったらしい.やはり地震国の日本では原発も危険だと改めて思った.最近はクリーンエネルギーとして見直されていたが,再考が必要だろう.

出水の養鶏場で… [時事]

去年暮れ出水のツルから鳥インフルエンザが検出され,この冬のツル見は延期にしていた.規制解除になったら2月頃見に行こうかとも思っていたが…

とうとう養鶏場でも高病原性鳥インフルエンザが検出された模様だ.さらに規制が厳しくなる.のんきにツルなど見ている状況ではない.養鶏家は大変だ.感染家禽はもちろん周辺の養鶏場も殺処分.毎年こんなことを繰り返していたら切りがない.そのうち渡り鳥が攻撃されないか心配もある.

鳥インフルエンザに関してはワクチンも開発されているようだ.しかし予防的に使用するとウイルス常在と判断され輸出ができなくなる.でも鶏肉や鶏卵の輸出って量的にはたいしたことないと思うが,実は逆で日本は汚染地域から鶏肉などの輸入を禁止している.日本も汚染地域と認定されればこの禁止処置がとれなくなる.汚染鶏肉がどんどん入ってくることになるらしい.

人が食べても問題なければそれもいいかもしれないが,鳥インフルエンザの人への感染の心配もある.いわゆる新型インフルエンザだ.国内養鶏場の鶏が鳥インフルエンザ感染が常在するようになれば突然変異を起こし新型インフルエンザへ変化する可能性が高くなり,また感染の危険性が高くなる.

もし吸入式や経口摂取可能なワクチンが開発されれば渡り鳥にワクチン接種する方法もあろう.少なくとも出水のツルなど餌付けしているところでは可能だ.

しかし現状では殺処分が必要となるわけだ.とにかく早く終息することを祈るのみだ.

太地町住民の毛髪水銀濃度 [時事]

クジラの町の住民の毛髪から高濃度の水銀が検出された.鯨食と関連があるらしい.
海洋汚染から水銀がクジラに蓄積して,それを人間が食し蓄積する.最悪の場合,人間が水銀中毒になってしまうかもしれない.

こういった問題が報道されると,鯨肉の売り上げにも影響するだろう.今でさえ鯨肉の需要が減って余っているらしい.さらに鯨食が減り,鯨文化がすたれてしまうのではないか.

そういえば海外の日本料理店で捕鯨が出されて問題になった.国内需要が減り海外での需要を期待して輸出したのだろうか.もともと今流通している鯨肉は調査捕鯨でえられたもの.商業捕鯨ではないので輸出禁である.このケースは密輸となる.

鯨肉の売り上げは調査捕鯨の費用に当てられている.今後さらに鯨食が減れば,鯨肉の需要という点からも,費用という点からも,調査捕鯨という商業捕鯨を行ってクジラを捕ってくる必要はなくなる.そろそろ調査捕鯨の根本的見直しが必要ではないか.(もちろん調査捕鯨全体を否定しているわけではない.しかし問題も多いのは確かだろう.)

マグロを食べられてうれしいが… [時事]

ワシントン条約の委員会でクロマグロの国際取引禁止案が否決された.まずは一安心だ.これからもクロマグロが食べられる.しかし問題が解決したわけではない.

   

続きを読む