So-net無料ブログ作成

CP+ Tokina COSINA etc. [Camera]

Tokina


99997.jpg


FiRIN  20mm F2 FE AFはSONY FEマウンドのAFレンズ.光学系はFiRIN  20mm F2 FE MFと同じ.1年でAFバージョンを出すなら,はじめからAFレンズで出せばいいのにと思ってしまう.


デザインは以前のTokinaと比較して断然いい.だた最近のレンズはTAMRONも含めSIGMAっぽいのが気になる.さらに後からデザイン変更しているのにSIGMAを越えていない.それだけSIGMAのデザインが優秀ということか.デザインでいえば,このレンズはシンプルすぎて距離窓もなく,ファンクションボタンなどもない.実際の使い勝手ではどうなんでしょうね.個人的にはOKですが….


実際さわって気になったのがAFの動作音と動き.少しぎこちなく,少し音も気になる.製品版までによくなっていると期待しましょう.


フードはMFタイプとは違って花形フードになっているがバヨネットは同じなので互換性があるとスタッフが言ってました.


99998.jpg


opera 50mm F1.4 FFは一眼レフ用AFレンズ.このスペックのレンズは純正,SIGMA,MFではZEISS,SAMYANGと揃っており激戦区.ユーザーからは選択肢が増えて嬉しいが,勝ち残ることができるだろうか?こちらのAF動作はスムーズで問題なさそうです.


 


SAMYANG


sam2.jpg


AF14mm F2.8 EF.同社初のCanon用AFレンズはなんと14mm超広角から.第一印象は軽.これってモックアップじゃないかと思うほど.隣に展示してあったXP 14mm F2.4はずっしり.


sam1.jpg


同じシリーズのXP50mm F1.2もあった.XPシリーズはZeissのデザインに似ている.これには好き嫌いが分かれそうだ.個人的にはいまいちだな.


 


COSINA


Voigtländerブランドレンズ3本の参考出品があった.


v110.jpg


MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountは65mmに続くマクロレンズ.ちょっと焦点距離が近い気がする.


v21.jpg


COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mountはF値は違うがTokinaのFiRIN20mmのライバルか?こちらはコンパクトさが売りで,付けっぱなしでスナップ撮影に良さそうですね.


v5012.jpg


NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VMはライカMマウント互換.VMマウントには50mm F1.1というレンズがあるが,後継機になるのかな.スタッフさんに聞くのを忘れた.


 


興和光学


昨年参考出品のPROMINAR 90mm F2.5 Macroは今回情報なし.スタッフにそれとなく聞くと苦笑い.さてどうとるか?


 


中一光学


最近の中華製レンズはバカになりませんね.ラインナップも充実し,とっても魅力的です.立派なカタログもありました.


c25.jpg


c50.jpg


最近気になっているハイスピードレンズ.新製品ではないがSPEEDMASTER 25mm F0.95はマイクロフォーサーズ用で結構コンパクト.SPEEDMASTER 50mm F0.95はSONY Eマウント用でそこそこ重量があった.ちょっと明るいマニュアルレンズが欲しくなりました.


FREEWALKER 20mm F2 MACRO 4-4.5:1はマクロ専用レンズ.フィルム時代は各社からベローズに付けて使用するマクロ専用レンズがあった.その一つのOLYMPUSのZUIKO AUTO MACRO 20mm F2のリバイバル製品とでのいった製品.よって単体ではあまり倍率を変えられないベローズマクロ的なレンズとなる.当たり前ですがワーキングディスタンスが非常に短い.


同様のレンズとして後述のLAOWA 25mm F2.8 2.5-5× ULTRA MACROがあるが,単体で倍率を変えられLAOWAの方が使いやすそうだ.ただ価格はFREEWALKERは2万円前後,LAOWAは5万円前後になりそうだといっていた.コスパはFREEWALKERに軍配があがる.


 


七工匠


中一光学と同じ焦点工房のブースにあったレンズメーカー.「しちこうしょう」と読む.


ケース内に12mm F2.87.5mm F2.8 FishEyeをみつけた.最近のCP+にはどんどん中華メーカーが出品するようになってきた.目が離せないですね.


7712.jpg


7775.jpg


 


LAOWA


中華メーカーにはいまだにちょっと抵抗があるが,Anhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)のレンズブランドLAOWAは注目している.個性的な面白いレンズを出している.ただ初期の15mm F4 Macroや60mm F2.8 Macroはデザインがいまいちだった.それも徐々に格好良くなってきた.欲を言えばメーカーロゴ格好悪すぎ.変えて下さい!


macro.jpg


昨年参考出品の接写専用レンズが25mm F2.8 2.5-5× ULTRA MACROとして正式発表された.無限大が出ないマクロ専用レンズだ.中一光学のFREEWALKER 20mm F2 MACRO 4-4.5:1と比較してヘリコイドで鏡胴が大きく伸び,倍率を変えられる.ベローズが内蔵されたと思えばいいのかな.使いやすさでいえばLAOWA25mm.同じようなレンズとしてCanonのMP-E65mm F2.8 1-5× MACROがあるが,LAOWAの方がコンパクト.ちょっと物欲が上昇中.


ただ昨年参考出品の時はレンズ前方にリングライトを付けるといっていたが,結局昨年とデザインはほとんど変化なくライトはなし.レンズ前方にバヨネット用の溝があるが,これはキャップ用で外付けライトもないそうだ.何か自作できそうな気もするが…


タグ:COSINA Tokina CP+
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。