So-net無料ブログ作成
検索選択

大久保農耕地 2014.06.03 [Birdwatching, etc]

先月から話題のタマシギを見に浦和まで.

休耕田でタマシギが営巣している.先月まで抱卵していた巣は,どうやら親鳥が放棄したらしい.多くの人に囲まれて嫌気がさしたのか.(噂では地元農家の人とトラブルになり,農家の人が追い払ったとの話も聞いた.撮影時のマナーを守りましょう.)

一方で営巣している田はタマシギのために休耕してくれているそうだ.感謝,感謝.でも周りの田には水を張り,どうしても休耕田にも水が流れ込む.巣も水に浸り放棄したのではとも聞いた.なかなか難しいですね.

さて耕作地をうろうろしていたら,もう1羽のオスが抱卵していると聞き,いってみる.草の中から顔だけちょこっと見えている.放棄した巣より遠く,周りの草も茂り,撮影には不向きで,地元バーダーはほとんど居ない.というかもう十分撮影し,お腹いっぱい?様子を見に来てもカメラも出さず,すぐ帰って行く.

こちらは初見.条件が悪くってもバシャバシャ.

IMG_434302014.jpg
大きな真ん丸の目がどうにか確認できます.

周りで餌を食べているカルガモを警戒してか,巣から離れません.
午後2時前,カルガモがいなくなり,やっと動き出しました.でもやはり草が邪魔.水浴びをしているようですが,その水たまりも草の向こう.見えません.

IMG_436402014.jpg
水たまりから巣へ帰る途中.

IMG_437102014.jpg
やっと全体が見えたかと思いましたが,顔に草がかぶっている.

結局午前10時から午後2時過ぎまでねばって,証拠写真程度.

機材 EOS7D EF500/4L II ×1.4Extender

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

わたっち

車中から至近距離でタマシギ親子の子育てを撮って楽しんでいたのですが、どこかの「ドアホ」が、長靴履いて、湿地帯に入り、カメラ片手にタマシギ親子を追いかけ回したようで、どこかに行ってしまいました。困った「ドアホ」が居るもんです!
by わたっち (2014-06-09 19:32) 

Y

鳥への思いやり,特に繁殖期では細心の注意が必要です.
元々バードウオッチングがメインで,そのついでに写真を撮る人が多かったと思います.鳥の生態など知識を持った人たちです.最近は高性能になったカメラの御陰で誰でも簡単に撮れるようになり,それはそれで多くの人が楽しめるようになったのですが,一部の鳥の生態なんか分かっちゃいない人が高性能カメラを手に入れて鳥を追い回すのでしょう.自分さえいい写真がとれればいいと思っているのでしょう.困ったものです.
そういう自分も夢中になり結果として鳥をおどかしてしまい,しまったと思うこともあります.身を引き締めよう.
by Y (2014-06-10 13:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。